2009年01月10日

ピアノ弾いてみたい!





◆「そもそも楽譜が読めません」という悩みをアッサリ解決
楽譜を読もうと思うと、どうしても時間がかかりますし慣れも必要です。
ですからドレミという楽譜にこだわるのではなく、肌で感じるリズムや
知っている曲から 楽譜を見てみる、という反対の方法で楽譜の
仕組みを知ってもらいます。

◆あなたも間違っていませんか?初心者の陥りやすい誤解とは?
ピアノ初心者が一番間違えるのは、
「最初に知識を入れなければピアノが弾けない」と 誤解していること。
知識が無くても、とにかくピアノに触ってみましょう。
音を出して、楽しんで上達していきます。

◆丸暗記をするから、音符が分からなくなるのです。
基本の形→変化した形 と少し難易度が上がると、もう分からなくなるという
声をよく耳にします。しかし、海野先生の解説は意味をすぐにイメージできる
内容なので、楽しんであなたは理解できます。

詳しくはこちら


◆ただ弾くだけでは音楽とはいえません。表現を楽しむためには?
レッスンを通して、音楽的な表現方法も少しずつ出てきます。
『自己流になりそう』『間違った弾き方をしそう』
なんて心配はいりません。カッコよく弾くためのコツを教えます。

◆驚きの3ステップで、あなたにもすぐに弾ける
『見て』『聴いて』『弾く』たった3ステップのシンプルなDVDで、
海野先生と楽しくレッスンをしましょう。
特に初心者が困る部分には、テロップや手元のアップ映像などを駆使し、
見ているだけでピアノが弾けてしまいそうな内容になっています。

◆ピアノ教室に通うよりも上達が早い!そのワケとは?
好きな時にレッスンできるので、時間の決まったピアノ教室よりもずっと効率よく
あなたはピアノが上達するでしょう。しかも、独学で学ぶのではなく、きちんと
できる練習法も!

◆名曲が弾けた!たった30日後に訪れるその感動とは?
レッスン用の曲として、ベートーベンの第九、ホルストのジュピターを
ご用意しています。どちらも壮大で感動的な曲です。
さらに、通常の初心者向け教本では、簡単な編曲になり過ぎで物足りないと
感じる方もいると思いますが、海野先生の編曲は、原曲の感動的な雰囲気を
損なわないまま、あなたにも簡単に弾けるようなものになっています。

⇒続きを読む
posted by ペーター at 15:13| Comment(0) | TrackBack(0) | その他商材 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/112418275

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。